宝ニュース

平成30年度の時効当せん金は127億円
その他 2019/11/05

平成30年度の時効当せん金は127億円

~1億円以上の時効当せん金が7本もありました~

当せんを夢見て、お買い求めいただいた宝くじ。当せん番号調べをしないため、せっかく当せんしていたのに換金をせずに、支払期限切れとなる宝くじの「時効当せん金」があとを絶ちません。宝くじの当せん金の支払期間は、当せん金の支払開始日から1年で、これを過ぎると「時効」となります。
平成30年度に確定した時効当せん金は、127億円ありました。これは平成29年度の宝くじ販売総額の7,866億円に対して、約1.61%にあたります。これらの時効当せん金の中には4億円以上の当せん金が1本あり、1億円以上の当せん金となると7本ありました。200万円以上の高額時効当せん金は合計28億円超となっており、この金額は全体の約2割に相当します。
残りの約9割のうち大部分は、100円、200円、300円といった末等当せん金などで占められています。まさに「チリも積もれば山となる」のことわざ通りです。
時効当せん金は、収益金と同様に全額、発売元である全国都道府県及び20指定都市に納められ、公共事業等に役立てられています。このため、時効当せん金は決してムダにはなっていませんが、宝くじファンの皆さまには、宝くじは「買ったら調べて、当たったら換金」を忘れないようにお願いします。

本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製、転載を禁止します。
制作・著作 全国自治宝くじ事務協議会

こちらの宝ニュースもおすすめ